あのサービスがない?従来の床屋にあって1000円カットにないもの


サービスを減らしてコストダウンしている

1000円カットがなぜもてはやされているのかというと、元々、床屋で髪を切るのに3000円ぐらいのお金が必要だったためです。1000円カットに切り替えれば大幅な生活費の削減が可能なんですね。では、なぜ1000円カットの店は従来の料金の三分の一で営業していけるのかというと、いろいろなものを省いてコストをカットし、回転率を上げているからです。では、従来の床屋には存在して1000円カットにはないサービスとして、どういったものが挙げられるのでしょうか。

洗髪やひげ剃りサービスはまずない

まず、一番の違いは髪を洗ってくれるかどうかという点です。従来の床屋では必ず洗ってくれますが、1000円カットで髪の毛を洗ってくれる店はまずないでしょう。次にひげを剃ってくれるサービスですが、これも1000円カットにはありません。なので、無精ひげをぼうぼうに生やした状態で1000円カットに行っても、ひげはそのままです。髪の毛と一緒にひげもカットしてもらいたいというのであれば、従来のサービスを行っている床屋に行く必要があります。

整髪料はお願いすればつけてもらえる

基本的に1000円カットはただ髪を切ってくれるだけの店ということになりますが、従来の床屋がしてくれるサービスをいくつか取り入れていることが多いです。たとえば、髪を切ってもらったあと、整髪料をつけてほしいと希望すればつけてくれますし、髪型の希望を出せばできる範囲で応えてくれます。バリカンで丸坊主にもしてもらえます。もちろん、話しかければトークもしてもらえるので、カットしてもらっている間、一切無言で暇になるということはありません。

1000円カットの独立までの道のりは、それぞれの美容誌や理容師の実務経験の長さや資金集めの状況などに左右されます。