近年利用する企業が増えています!営業代行の概要と種類及び利点を知ろう


営業アウトソーシングを意味する営業代行とは

優れた商品やサービスなどを開発したにも拘わらず、それを広く売る手段を持たない依頼主の個人事業主もしくは会社にかわって、営業活動を行うサービスを営業代行と呼びます。要するに営業をアウトソーシングできるサービスなんですよ。具体的には電話でのアポイント取得や、派遣セールスマンによる訪問型営業代行などを行います。営業部門を丸ごとアウトソーシングできる代行業者もなかには存在します。業者によって得意分野が大きく違うことがこの業界の特徴ですから、依頼する際はミスマッチに気を付けましょう。

営業代行は大きく2種類に分けられます

営業代行は、成果報酬タイプと固定報酬タイプの2種類に分けられます。成果報酬タイプは、何らかの結果が出た場合にのみ対価を支払えば良いことが特徴。つまり利用する際のリスクが少ないんですよ。ただしアウトソーシング先の業者が、「この商品は売れないな」と判断したときは契約出来ない恐れがあります。もうひとつは固定報酬タイプと呼ばれています。電話を掛けた回数などに応じて対価を支払う仕組みが特徴で、業者としても確実な利益があるため依頼を断られることはありません。ただし何の成果も得られないまま、お金を支払っただけに終わる可能性もあります。

代行業者に営業をアウトソーシングすることの利点とは

代行業者に営業をアウトソーシングことの利点は、営業マンを育てるために必要となる様々なコストを削減出来ることです。たとえば社員を募集するために求人誌に出稿するコストや面接コスト、採用後に一人前にするために掛けるコストなどが全て不要になるんですよ。代行業者が派遣するスタッフはすでに必要十分なスキルを持ち合せていますから、業者のミスマッチさえ無ければすぐに成果を獲得できます。ただし依存しすぎにはご用心。突然その代行業者が事業規模を縮小したりすると対応しきれなくなりますし、何より機密漏洩リスクが高まってしまいます。常に程よい距離感を保って上手に営業をアウトソーシングしましょう。

営業代行サービスを依頼する際は、自社の営業戦略をクリアにしておく必要があります。まず営業戦略がはっきりしていなければ、依頼すべき代行サービス会社の選定が困難だからです。

営業支援の関連記事
営業代行の成果報酬の情報