こんなにあるの?電子カルテの三大メリット


電子カルテはリアルタイムで確認できます。

医療業界に限った事ではありませんが、電子化されると情報が全ての部署で共有化されます。医療業界だと紙のカルテだとカルテのある場所まで行かなければいけませんが、電子カルテだと全ての部署でリアルタイムに情報が確認できます。そのため急変した場合でもすぐにカルテを確認する事ができます。検査データや投薬内容もすぐに確認する事が可能となります。総合病院だと様々な医師が薬剤を投与しますが、多重投与を防ぐこともできますよ。

説明しやすいし分かりやすいですよ!

電子カルテを利用すると全てのデータがデジタル化されます。内視鏡の写真などはデジタル化データされて電子カルテに添付される事になります。デジタル化されたデータなので、はっきりとした記録を保存する事ができます。またインフォームドコンセントを行なったり、病状の説明を行う際に患者に対して分かりやすい説明を行う事ができます。検査データもグラフになるので、初心者でも目視で分かりやすく説明する事が可能となりますよ。

環境や予算にも優しいです

紙媒体のカルテだとかなりの紙を使用します。大規模な総合病院や国立病院だと年間10万円から20万円のコストがかかります。電子カルテにするとそれらのコストがかからなくなるのも大きなメリットです。またそのためにかなりの木を伐採しており、電子カルテに移行するとそれだけ木を伐採しなくてすみます。そのため紙媒体のカルテから電子カルテに移行すると、環境にも良いですし予算の削減にもなるのでかなりお得になりますよ。

電子カルテは、各地の医療現場や福祉施設などに積極的に取り入れられており、事前に導入事例を把握することが肝心です。