あなたは大丈夫?起業前に知っておくべき3つのこと


国からの補助金などを見落としていませんか?

起業前にもっとも気になるのが「お金」でしょう。自己資金と銀行からの借り入れを誰もが考えるでしょうが、国や地方自治体などの出している補助金にも目を配りましょう。たとえば、中小企業庁の「創業補助金」。借入金と異なり返却する必要もありません。申し込んだからといって、必ずもらえるものではありませんが、応募するのは自由ですので、検討しておくべきでしょう。国だけでなく、地域ごとにさまざまなものがありますので、事前に確認を怠らないようにしましょう。

法律上の制限などは大丈夫?

起業に当たって、法律に違反することがないか確認しておく必要があります。たとえば美容院を開くとして、近くに似たようなお店はありませんか?同じような店舗名、同じような内装にしてしまった場合、不正競争防止法に引っかかる可能性があります。最悪の場合、店舗を出した後でクレームをつけられて営業できなくなるなんてことも・・・。他にも事業内容によって、国などに届け出をする必要があったり資格を取る必要があったりすることがあります。起業の前に、法律上の問題点を確認しておきましょう。

起業後の資金は不足がちです。余裕を持った計画を!

順調に事業が進めば何も問題はありませんが、なかなか計画通りにいかないものです。初年度の売上が思ったより伸びず、想定以上の赤字になるのはよくあることです。そうなったときも考慮に入れて、数年間は収入が全くなくても生活できるように資金に余裕を持たせておくと良いでしょう。社会保険料や税金は所得によって決定されますので、初年度は役員報酬をゼロにして預金だけで生活するのも一つの手段です。最初から高い役員報酬を設定すると、後で苦しむことになりますよ。

フランチャイズビジネスの業種は拡大しています。従って、人口が減少している過疎地であっても事業となるビジネスがあります。