あなたのお家は基本派?こだわり派?こんなにも印象が変わるカーテン。


基本のカーテン計測方法とは

今日では家の窓も様々で、構造によっては天井も高く窓も大きくてサイズが“企画通り”といかないカーテン。外部からのプライバシー、遮光、断熱のためにもカーテンは必要不可欠なアイテムでもあります。では、実際どの様にカーテンを選んでいったら良いのでしょうか?「長さ」だけの一般的な話をすればカーテンの大きさはレールを基準に決めていきます。横幅はカーテンを吊る輪っか“ランナー”を基準に計ります。縦の長さも同様です。一般的に横の長さは計測サイズから5%増し(サイズ×1.05)、縦の長さは腰高窓なら実寸+15~20センチメートルで掃き出し窓は実寸-1~2センチメートルとされています。レースカーテンはドレープカーテンからはみ出ない様さらに1~2センチメートル短くしましょう。

カーテンで部屋の印象も変わる!

カーテンの色や柄で部屋の印象をがらりと変えられます。部屋の雰囲気に合わせてカーテンを選んでいきましょう。注意しなければならないのはインテリアとの相性。カーテンもインテリアの名脇役時には主役!となるよう部屋全体の統一感を考えて選んでいきましょう。部屋の壁紙やインテリア全体が落ち着いているなら、あえて明るいカラーを使ったカーテンがお勧めです。日差しを浴びたカーテンが部屋全体を明るい印象にしてくれます。無難に柄物を避けたい方は生地、質感、カーテンのひだ数(多いと豪華に見えます)にこだわっても良いでしょう。どのカーテンにも共通ですが、洗濯できるものがお勧めです。

レールや小物もこだわってみよう

カーテンに合わせてレールも見直してみましょう。部屋の床と合わせた木目調のレールやアンティーク調のレールなど種類も様々です。そしてカーテンをまとめる“タッセル”にもこだわってみましょう。今はマグネット様式の製品が多くみられ、いわゆるカーテンをまとめる為に壁にくっついているフック“ふさかけ”が無くてもお洒落にまとめる事ができます。手の長いぬいぐるみがカーテンをまとめるタイプやお花のついた洗濯ばさみの様なタイプなど、タッセルは種類も料金も幅広く季節によって変えてみるのも楽しんでみるのもいいでしょう。

ひもカーテンとは、ひも状のカーテンのことです。多数の紐を並べて垂らすことで幕にします。また、開けたり閉めたりする必要ない構造です。